エゼキエル 47章

「この川が流れて行く所はどこででも、そこに群がるあらゆる生物は生き、非常に多くの魚がいるようになる。この水がはいると、そこの水が良くなるからである。この川がはいる所では、すべてのものが生きる。」(9節)

この川の源泉は、1節にこうあります。
「水が神殿の敷居の下から東のほうへと流れ出ていた。」
つまり、神の臨在から流れてくる水だと言うのです。イエス様はこう言いました。「わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」これは、イエスを信じる者が後になってから受ける御霊のことを言われたのである。」(ヨハネ7:38,39)
神の臨在は、キリストを信じる者たちが集まって礼拝を捧げるその場所に現されます。特に主は賛美を住まいとされるとおっしゃられましたから、賛美が満ち溢れる中で、そこからいのちの川、聖霊の川が流れます。賛美の時間は、ただ歌を歌っているわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>