Ⅰサムエル 26章

「しかしダビデはアビシャイに言った。『殺してはならない。主に油そそがれた方に手を下して、だれが無罪でおられよう。』ダビデは言った。『主は生きておられる。主は、必ず彼を打たれる。彼はその生涯の終わりに死ぬか、戦いに下ったときに滅ぼされるかだ。」(9、10節)

  ダビデは再びサウル王に復讐するチャンスが来ました。しかし、彼は自分の手で復讐することを選びませんでした。神様に委ねました。これが聖書が教えている姿勢です。ローマ書12章にこう書いてあります。「愛する皆さん。決して自分で復讐してはいけません。復讐は神様に任せなさい。なぜなら、神様が『当然報復を受けなければならない人には、わたしが報復する』と言っておられるからです。」「悪に負けてはいけません。かえって、善を行うことによって悪に打ち勝ちなさい。」(19、21節LB)特に神が油注がれた指導者を、私たちが裁くべきではありません。生ける神の手の中にありますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>