エレミヤ 34章

 「イスラエルの神、主は、こう仰せられる。『わたしが、あなたがたの先祖をエジプトの国、奴隷の家から連れ出した日に、わたしは彼らと契約を結んで言った。七年の終わりには、各自、自分のところに売られて来た同胞のヘブル人を去らせなければならない。六年の間、あなたに仕えさせ、その後、あなたは彼を自由の身にせよと。しかし、あなたがたの先祖は、わたしに聞かず、耳を傾けなかった。」(13、14節)

奴隷制度は神のみこころではありません。神が造られた尊い人を、物のように扱うこと自体、造り主には耐え難いことであることが今日の箇所から分かります。イスラエルの人は特に、エジプトの奴隷生活から神の恵みの御業によって解放されました。ですから自分達も恵みを与える理由がありました。私たちも神の恵みによって今生かされているのですから、他者に対して恵み深くあるべきです。今日はクリスマス礼拝の日、神の恵みを特に覚えたいと思います。

※ 本日はクリスマス特別礼拝。第二礼拝後は祝会を予定しています。第三礼拝はお休みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>