エレミヤ 11章

「わたしは、あなたがたの先祖をエジプトの国から導き出した日に、彼らをはっきり戒め、また今日まで、『わたしの声を聞け。』と言って、しきりに戒めてきた。」(7節)

神様はイスラエルの民に、エジプトから救い出してから今に至るまで、朝に夜に、警告し続けたと言います。

「わたしの声を聞け。」

と。問題は、彼らは従わないどころか、神様の存在すら注意を払うこともありませんでした。自分がしたいことを、自分がしたい時にしていました。その結果、イスラエル(南ユダ王国)の民はバビロン捕囚されていきます。
イエス・キリストを信じることは、出エジプトを体験することでもあります。私たちは暗闇の支配から救い出されました。そして、神様はイスラエルの民と同じように私たちに、

「わたしの声を聞け。」

と言われています。神様を無視せずに、神のみことばである聖書に耳を傾けようではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>