イザヤ 32章

「しかし、ついには、上から霊が私たちに注がれ、荒野が果樹園となり、果樹園が森とみなされるようになる。」(15節)

今日の箇所をLBではこう訳しています。

「しかし、やがては天から御霊が注がれ、再び見渡す限りの黄金の穂波が見られるようになります。」

聖霊なる神様が臨まれることによって、変化が起こるという世界があります。日頃のコツコツとした積み重ねが大切なことは当然ですが、聖霊が臨まれるという神の領域があることを認識することも大切なことです。そして私たちは、自分の能力ではなく、神に希望を抱いて生きることができるのです。メッセージではこう訳しています。

「そうです。泣くのも悲しむのも上から私たちに聖霊が注がれるまでです。」

私たちの涙が喜びに、悲しみが踊りに変えられる神様の時があります。その日を待ち望みつつ、今を生きることができますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>