イザヤ 14章

「あなたは心の中で言った。
『私は天に上ろう。神の星々のはるか上に私の王座を上げ、北の果てにある会合
の山に座ろう。密雲の頂に上り、いと高き方のようになろう。』」(13‐14節)

 この箇所は一般的にサタン(悪魔)について言及している箇所だと考えられて
います。創世記の最初、エバを誘惑してきた悪魔がどのようにして存在するよう
になったのかを解き明かすカギがこの箇所に記されています。悪魔はいつの時代
も、この誘惑を私たちの心に忍ばせてきます。権力に対する欲求は昔も今も変わ
りません。しかし、イエス様は、弟子たちの内にある権力への欲を見抜いてこう
言われました。
『あなた方の間でえらくなりたいと思う者は、皆に仕えるものに
なりなさい。』
そして自らそれを実行されました。私たちもイエス様にならう者
となりたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>