伝道者 9章

「同じ結末がすべての人に来るということ、これは日の下で行なわれるすべての事のうちで最も悪い。だから、人の子らの心は悪に満ち、生きている間、その心には狂気が満ち、それから後、死人のところに行く。」(3節)

LBではこう訳しています。

「すべての人に同じ結末がくるとは、なんと不公平でしょう。だからこそ、人は正しく生きようとはせず、むしろ、非常識な道を選ぶのです。待ちかまえているのは死だけですから、希望などありません。」

伝道者の書のキーワードは「日の下」ですから、「この世をすべてと考えると」という前提があります。人は死亡率一〇〇%ですから、どんなに正しく生きた人にも、どんなに悪く生きた人にも、等しく死は訪れます。しかし、死から復活されたキリストは、同じ結末ではない、永遠の世界があることを証明されました。そして、永遠の神の国に生きるように人々を招かれました。私たちは日の下に生きながらも、神の国に生きることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>