詩篇 150篇

「息のあるものはみな、主をほめたたえよ。ハレルヤ。」(6節)

 賛美の歌を歌うことは、単なる音楽以上の意味があります。聖書は、主を賛美することを命じています。つまり、主を賛美することは、単に歌を歌うこと以上に意味があるのです。ですから、最高の賛美を神様に捧げる姿勢が大事になってきます。いつも、どうしたら最高の賛美を神様に捧げられるか考えることは素晴らしいことです。教会として、賛美を充実させるためにいろいろな設備を充実させることも大事なことです。個人として、賛美を神様にいつもささげることができるようにいろいろな賛美のCDを聴いたりして覚えることも大事なことです。賛美をささげるためには、受け身の姿勢にならず、積極的に捧げていく姿勢が大切です。 

「主よ、いつまでもあなたをほめたたえ続けることができますように。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>