詩篇 10篇

「主よ。あなたは貧しい者たちの願いを聞いてくださいます。あなたは彼らの心を強くし耳を傾けてくださいます。」(10:17)

詩人が「悪しき者は高慢を顔に表し神を求めません。「神はいない。」これが彼の思いのすべてです。」(4節)と言うように、無神論のほうが、平和であると考える人がいます。

しかし、現実は逆です。

神を認めないという事は、自分が神になるということです。

考えてみるととても恐ろしいことです。

もし、自分の隣にいる人が神だという万能感をもっていたら、どんなに恐ろしいことでしょうか。

感謝なことに、まことの神がおられます。

貧しい者というのは、経済的な話というよりも、自分は神が必要だと認めた人のことです。

「高慢」の反対語です。

神を求める者の祈りを神は聞かれます。

心砕かれた者の心を強くしてくださいます。

詩人のように、たとえ今、不安に駆り立てられる状況にあったとしても、祈りましょう。祈り続けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>