ルカ 22章

「主は振り向いてペテロを見つめられた。」(22:61)

ペテロはイエス様に言いました。

主よ。あなたとご一緒なら、牢であろうと、死であろうと、覚悟はできております。」(33節)

すべてのご存じのイエス様はペテロに言います。

ペテロ、あなたに言っておきます。今日、鶏が鳴くまでに、あなたは三度わたしを知らないと言います。」(34節)

ペテロはイエス様が言った通り、「私はその人を知らない」とイエス様の存在を否定し、鶏は鳴きました。

驚くことは、この時、イエス様が振り向いてペテロを見つめられたということです。

その眼差しはどんな眼差しだったのでしょうか。

責めるような眼差しだったとも思いませんし、がっかりした眼差しだったとも思えません。

もし、そうだったらペテロは立ち上がれなかったと思います。

それは、忘れられないほど、憐れみに満ちた眼差しだったのではないかと思います。

イエス様は今日も私たちを見つめられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>