マタイ 27章

「夕方になり、アリマタヤ出身で金持ちの、ヨセフという名の人が来た。彼自身もイエスの弟子になっていた。」(27:57)

ヨセフに関して他の福音書ではこのように解説します。

アリマタヤ出身のヨセフは、勇気を出してピラトのところに行き、イエスのからだの下げ渡しを願い出た。ヨセフは有力な議員で、自らも神の国を待ち望んでいた。」(マルコ15:43)

さて、ここにヨセフという人がいたが、議員の一人で、善良で正しい人であった。ユダヤ人の町アリマタヤの出身で、神の国を待ち望んでいた彼は、議員たちの計画や行動には同意していなかった。」(ルカ23:50,51)

これらの情報からわかることは、墓を持つことができるほどの裕福さをもち、神の国を待ち望み、他の議員たちに同意しなかった有力な議員だったと言うことです。

「名前」が記録されているのは、福音書を読むキリスト者たちが知る、後の教会の中心メンバーだったからだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>