黙示録 22章

「私は、この書の預言のことばを聞くすべての者に証しする。もし、だれかがこれにつけ加えるなら、神がその者に、この書に書かれている災害を加えられる。また、もし、だれかがこの預言の書のことばから何かを取り除くなら、神は、この書に書かれているいのちの木と聖なる都から、その者の受ける分を取り除かれる。」(22:18,19)

私たちの教会は、聖書六六巻、創世記から黙示録まで、誤りなき神の言葉であると信じています。

大事なことは、聖書はこの「六六巻で完成している」ということです。

これ以上も、これ以下もないということです。

正統的なキリスト教か違うかと言う一番大きな基準は、ここにあります。

聖書以外に、経典を持っていれば、それはキリスト教ではありません。

聖書六六巻以外に、神の言葉が存在しているならば、それはキリスト教とは呼べません。

(新共同訳に加えられた旧約続編は歴史的な価値は認めますが、正典ではなく、神の言葉ではありません。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>