使徒 2章

「そして、毎日心を一つにして宮に集まり、家々でパンを裂き、喜びと真心をもって食事をともにし、神を賛美し、民全体から好意を持たれていた。主は毎日、救われる人々を加えて一つにしてくださった。」(2:46,47)

初代教会の成長の秘訣は、まず第一に、心を一つにして教会に集まり、一緒に礼拝を捧げたことでした。

第二は食事をともにしたこと。

第三は神を賛美したこと。

その結果、彼らはすべての民に好意をもたれたとあります。

そして、神が、毎日救われる人々を仲間に加えてくださいました。

私たちは誰も救うことはできません。

救うことができるのは、救い主、イエス・キリストだけです。

ですから聖霊なる神が、己が好むところに吹くと言われてますから、聖霊に好まれる教会を目指していくならば、神が救われる人々を仲間に加えてくださるはずです。

ですから、まず教会に集まり、共に礼拝を捧げることを大事にしていこうではないでしょうか。

今日は洗足木曜日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>