詩篇 37篇

「悪を行なう者に対して腹を立てるな。不正を行なう者に対してねたみを起こすな。」(1節)

 「悪者をうらやんではいけません。」(LB)

と聖書は言います。まじめに生きることがばからしく思えてしまうときがあることは、古今東西、変わりません。

「怒るのをやめ、憤りを捨てなさい。くよくよ思い悩んではいけません。自分が傷つくだけです。悪者は滅ぼされますが、神様に信頼する者には祝福が降り注ぐからです。」(8,9節LB)

私たちは、この事実を聖書から聞く必要があります。神様を無視して生きていくことは、滅びへの道を歩んでいるということに、気づかされる必要があります。

「不正な手段でかせぎまくるより、わずかな持ち物に甘んじて、神様を敬って過ごすほうがましです。」(16節LB)

正しく生きようとする方が、幸いな人生であることを、私たちは聞く必要があります。

「神様は毎日、神様を敬う人の善行をご覧になっていて、永遠のほうびをお与えになるのです。」(18節LB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>