ルカ 21章

「イエスは目を上げて、金持ちたちが献金箱に献金を投げ入れているのを見ておられた。そして、ある貧しいやもめが、そこにレプタ銅貨を二枚投げ入れるのを見て、こう言われた。「まことに、あなたがたに言います。この貧しいやもめは、だれよりも多くを投げ入れました。あの人たちはみな、あり余る中から献金として投げ入れたのに、この人は乏しい中から、持っていた生きる手立てのすべてを投げ入れたのですから。」(21:1-4)

イエス様が献金箱に献金を捧げている姿を見ておられるということを心に留める必要があると思います。

そして、この箇所が教えているように、イエス様は金額ではなく、その捧げる姿勢に心を留めていることに意識する必要があると思います。

余りものではなく、最高のものを捧げようとする姿勢を神は祝福されます。

神に持てるものを捧げていく人には、天の窓が開かれます。

人間的な考えで、貧しい人からその機会を奪うならば、祝福の機会を失わせてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>