詩篇119:105-112

「あなたのみことばは私の足のともしび私の道の光です。」(119:105)

「ヌン」(נ)から始まるアルファベットの詩。

「ともしび」(ネール・נֵר)はランプのことで、一端を高く尖らせた土器碗が用いられました。そのような意味で足下を照らす小さな光を指しているように思えます。一歩一歩を照らすような印象です。メッセージ訳はこのように訳しています。

「あなたのみことばによって私はどこに行こうとしているか見ることができます。みことばが私の暗い小道に光を放ちます。」

しかし、放たれる光はそこまで明るくないようです。今日と言う一日を生きていくのに十分な光だと思いますが、毎日、照らしていただく必要があります。ですから、聖書を分かった気にならずに、日々、聖書の御言葉に耳を傾けていきましょう。

「一日一日を力いっぱい生きなさい。」(マタイ6:34LB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>