詩篇109:1-20

「私は祈るばかりです。」(109:4)

ダビデの体験は昔も今も変わりません。「彼らは善に代えて悪を愛に代えて憎しみを私に返しました。」(5節)残念ながら、「理由もないのに私を憎み、攻めかかって来るのです。」(3節LB)ということがあります。そのような状況で、これらのダビデの激しい言葉を口に出して読むだけでも、私たちの心は取り扱いを受けることができます。もちろん、イエス様は言われました。「自分の敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。」(マタイ5:44)しかし、それは神の助けなくして不可能です。ですからダビデは言いました。「私は祈りの人。」(4節私訳)人にはできないことも、神にできないことはありません。祈りに導かれることはすべて良いことです。意地を張るのを辞めて、主に明け渡して、権力によらず、能力によらず、神の霊によって生きていくことができますように。
今日は主の日。共に、主に礼拝を捧げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>