詩篇107:33-43

「知恵のある者はだれか。これらのことに心を留めよ。主の数々の恵みを見極めよ。」(107:43)

祈りに答え、数々の救いの御業をなされた主を描写した詩人は、こうまとめます。

「主の信実(へセド)が分かるように」

メッセージ訳ではこう訳しています。

「もしあなたが本当に賢いならば、このことを考えてください。神の深い愛をあなたは感謝する時です。」

聖書は私たちに、神の永遠に変わらない愛を思い巡らし、感謝を捧げるように教えます。残念ながら人は喉元過ぎればと言うところがあります。しかし、神の臨在の中に入るパスワードは「ありがとう」(詩篇100:4)です。主の愛を思い巡らし、主に感謝を捧げ、歩むことができますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>