箴言 17:5-14

「貧しい者を嘲る者は自分の造り主をそしる。人の災難を喜ぶ者は罰を免れない。」(17:5)

貧しい人に対する態度は、神に対する私たちの態度を反映すると言います。神が人を創られたと本気で信じているならば、どんな人であっても嘲ることはできません。被造物を嘲ることは、造られた創造主を嘲ることになるからです。ですから、聖書は言います。

「神は人の不幸を喜ぶ者を罰します。」(5節LB)

神は自分だけではなく、すべての人を創られました。神は私たちが愛に生きることを願われています。

「愛のある人は人の過ちを水に流し、いつまでもこだわる者は親友までも失います。」(9節LB)

「いったん火のついた争いごとは、なかなかおさまりません。だから、初めから争いはしないことです。」(14節LB)

新約聖書では、使徒パウロがこのように言っています。

「自分に関することについては、できる限り、すべての人と平和を保ちなさい。」(ロマ12:18)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>