ジャスミンンの生命力

ずっと気になっていた道路沿いのジャスミンの茂みを、二週間前のビブリオン後姉妹方と共にとうとう思い切って伐採しました。ものすごい葉の量で根本もどこかわからない中格闘すること数十分、見えてきたのはわずか三株の茶色い枝の塊のようなものでした。花の香りは好みが分かれるところだと思いますが、私はジャスミンの香りが大好きです。この香いいな、と思った香水や芳香剤にはたいていジャスミンの香りが入っていますし、古代エジプトではすでに栽培されていたということもエジプト好きの私にとっては重要な好きポイントです。さて、根元まで刈り込まれた教会のジャスミンがその後どうなったか気になって昨日見に行ってみました。驚くことに新芽が枯れた枝のようなところからたくさん出てきていたのです。『エッサイの根株から若枝が出て、、、』という御言葉を思い出しました。新芽が出る様は新しい始まりを予感させる、希望を感じる場面であることを、
ジャスミンを通して感じた、梅雨の晴れ間の午後の出来事でした。
(小山晶子牧師婦人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>