箴言 12:18-27

「悪を企む者の心には欺きがあり、平和を図る人には喜びがある。」(12:20)

「平和を図る人」は、「シャローム」を奨励する人という意味があります。「シャローム」は「平和」以外にも意味があるので、LBでは、「良いことをする人」と訳しています。今日の箇所には「悪を企む者」と「シャロームを奨励する人」のコントラストが出てきます。

「批評好きは人を傷つけますが、知恵ある人のことばは慰め、いやします。」(18節LB)

シャロームを奨励する者は、次のことばを心に留める必要があると思います。

「どんなに沈んでいる人も、励ましのひと言で心が軽くなります。」(25節LB)

「心の不安は人を落ち込ませ、親切なことばは人を喜ばせる。」(新改訳二〇一七)

今、多くの人が不安と心配で、沈んでいると思います。「シャロームを奨励する人」として、「励ましのひと言」、「親切なことば」を発することができますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>