詩篇 42:6-11

「昼には、主が恵みを下さり、夜には、主の歌が私とともにあります。私のいのちなる神への祈りが。」(42:8)

詩篇42篇は神と他者に失望した人の歌です。詩人は歌います。

「わがたましいよ。なぜ、おまえは絶望しているのか。なぜ、御前で思い乱れているのか。神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。私の救い、私の神を。」(11節)

詩人は絶望の中で、それでもなお神をほめたたえることを選びます。人生の中で、私たちが制することができない出来事に遭遇する時、私たちは神に助けを求めます。そして信仰者は神の力を発見します。

「あなたの大滝のとどろきに、淵が淵を呼び起こし、あなたの波、あなたの大波は、みな私の上を越えて行きました。」(7節)

たとえ悲しみの洪水が襲ってきても、神は

「日ごとに変わらない愛を注いでくださいます。私は夜通し賛美の歌を歌い、いのちを授けてくださった神に祈りをささげます。」(8節LB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>