ピリピ 4章

「また、私の神は、キリスト・イエスにあるご自身の栄光の富をもって、あなたがたの必要をすべて満たしてくださいます。」(19節)

「神の富」は、「栄光の中」にあり、「キリスト・イエスの中」にあると言います。人は、イエス・キリストとの関係の中で、栄光に輝く神の富と結び付けられます。イエス・キリストの中ではじまり、イエス・キリストの中でまとめられます。パウロは、ピリピのクリスチャンたちが、貧しさの中にあったことを認識しています。(Ⅱコリント8章参照)しかし、彼らはどんなに貧しくても、神の働きのために自発的に援助していました。パウロはピリピの教会の経済を心配するどころか、確信していました。神が必ずピリピの教会の必要を満たしてくださると。神の富は「栄光の中」にあり、「キリスト・イエスの中」にあると。歴史を通じて、キリストの中にある聖徒たちは、そのことを体験して来ました。私たちの必要をすべて満たす主は生きておられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>