詩篇 25:16-22

「誠実と正しさが私を保ちますように。私はあなたを待ち望んでいます。」(25:21)

詩人ダビデは、

「かかえている問題は、だんだん手に負えなくなるのです。」(17節LB)

と、一難去らずにまた一難と頭を抱えます。

「私の敵がどんなに多いかを見てください。彼らは暴虐な憎しみで、私を憎んでいます。」(19節)

ダビデは孤独を感じていました。神が祝福されるところに、迫害が多いこともまた事実です。出る杭は打たれます。しかし、それでもダビデは、そんな中にあっても

「神を敬う心と誠実さ」(21節LB)

をもって生きることができるようにと祈ります。人々がどう思おうが、何を言われようが、ダビデは正しいことを行うことを求めました。そのように、主にあって生きる者にとってダビデの祈りは心に響きます。

「あなたに向かって走る私をがっかりさせないでください。」(20節MSG)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>