詩篇 25:8-15

「主を恐れる人は、だれか。主はその人に選ぶべき道を教えられる。」(25:12)

「主は、いつくしみ深く、正しくあられる。それゆえ、罪人に道を教えられる。」(8節)

とあるように、私たちは完全ではなくても、神は私たちに歩むべき道を教えてくださいます。正しい道に歩めるように正してくださいます。完全さは求められていませんが、謙遜さは求められています。ですから、続けてこうあります。

「謙遜になって主のもとに帰る人に、主は最良の道を教えてくださいます。」(LB)

ですから、主を恐れることが大切です。

「主を恐れる人はどこにいますか。主はその人に、最善のものを選ぶ秘訣を教えてくださいます。」(12節LB)

私たちの目はどこに向いているでしょうか?主を恐れ、主を見上げましょう。

「私の目はいつも助けを求めて、主に向いています。私を救い出せるのは、主おひとりだからです。」(15節LB)

今日は主の日。共に主に礼拝を捧げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>