詩篇 21:1-7

「まことに、王は主に信頼し、いと高き方の恵みによってゆるがないでしょう。」(21:7)

ダビデ王は、今あるは神の恵みであることを知っていたので、主に信頼していました。事実、人は自分で自分を救うこともできません。神だけが救うことができます。ダビデ王は、神の御力、救いを喜び、楽しんでいました。この詩の中ではダビデ王は5つの祝福を挙げています。

一つ目は、祈りの答え(2節)です。神は祈りに答えられるお方です。

二つ目は、終わることのないとこしえの祝福です。(3、6節)

三つめは、永遠のいのち。(4節)

四つ目は、勝利ある人生。(5節)

五つ目は、喜びと楽しみ(6節)です。その喜びは「御前の喜び」(6節)だと言います。言い方を変えるならば、神の臨在にある喜びです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>