詩篇 18:43-50

「主は、王に救いを増し加え、油そそがれた者、ダビデとそのすえに、とこしえに恵みを施されます。」(18:50)

「油注がれた者」の意味の一つは王ですが、キリストを信じる者も油注がれた者です。(2コリント1:21参照)ですから、ダビデとそのすえと同じように、神は「とこしえに恵みを施されます。」
「恵み」と訳された単語(ヘセド)は、「恵み」以上の意味があります。「忠実」「真実」「慈しみ」「好意」を意味します。神はとこしえに「真実」(ヘセド)です。使徒パウロはこのように言っています。

「私たちは真実でなくても、彼は常に真実である。彼にはご自身を否むことができないからである。」(2テモテ2:13)

ですから、このお方を自分の羊飼いとして生きるならば乏しいことはありません。

「まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵み(ヘセド)とが、私を追って来るでしょう。」(詩篇23:6)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>