詩篇 9:7-12

「御名を知る者はあなたに拠り頼みます。主よ。あなたはあなたを尋ね求める者をお見捨てになりませんでした。」(9:10)

主は、主に拠り頼む者をお見捨てになるような方ではありません。しかし、私たちは時々揺らいでしまうことがあります。揺るがない信仰生活のためには、主の御名を知る必要があります。主の御名は、聖書の中でいろいろと出てきます。

「エル・エルヨーン」(創世記14:20)という御名は「いと高き神」という意味です。

「アドナイ・イルエ」(創世記22:14)は「備え主」。

「アドナイ・ロフェカ」(出15:26)は「あなたを癒やす主」。

「アドナイ・シャローム」(士師記6:24)は「平和の主」。

「アドナイ・シャンマー」(エゼキエル48:35)は、「主はそこにおられる」。

備え、いやし、平安を与え、共におられるいと高き神を、知識としてだけでなく、体験していく者は、失望させられることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>