ヨブ記 37章

「これに耳を傾けよ。ヨブ。神の奇しいみわざを、じっと考えよ。」(14節)

ヨブは三人の友人との対話の中で、自分のことでいっぱいになっていたのだと思います。「因果応報」を絶対視する友人たちは、ヨブに非を認めさせようとしました。しかし、ヨブはそのことに疑問を呈し、「自分の何が悪かったのか?」と神様に訴えます。しかし、そんなヨブの視点を変えるようにエリフは訴えます。

「神様が嵐を起こすのは懲らしめのため、また、いつしみで人々を元気づけるためだ。」(13節LB)

神の知恵を人は理解することはできません。エリフはヨブに、人間のはかない知恵で悟りを開こうとすることをやめて、神様の素晴らしい御業を考えるように勧めたのです。私たちは自分を主体として世界を考えることをやめて、神様を主体として、神様の御業を考える必要があります。「わたしが」ではなく、「神が」何をしてくださったか、十字架の御業を、じっと考えることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>