マラキ書 1:1-2:16

「「わたしはあなたがたを愛している。」と主は仰せられる。あなたがたは言う。「どのように、あなたが私たちを愛されたのですか。」と。「エサウはヤコブの兄ではなかったか。―主の御告げ。―わたしはヤコブを愛した。」(1:2)

神はイスラエルの民に言われました。

「わたしはあなたがたを愛している。」

しかし、イスラエルの民は懐疑的で、神にこう答えます。

「どのように、あなたが私たちを愛されたのですか。」

神は近視眼的なイスラエルの民が、現状ばかり見ないで、過去を見るように仕向けます。

「歴史を見てごらんなさい。」(メッセージ訳)

もし、神の愛に疑いを感じるならば、歴史を見てください。

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」

今から約二千年前のクリスマスは、神の愛の現れです。

今日は主の日。アドベント三週目。共に主に礼拝を捧げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>