2歴代誌 24:1-25:28

「アマツヤは神の人に言った。『では、イスラエルの軍勢に与えた百タラントはどうしたらよいのか。』神の人は答えた。『主はそれよりも多くのものをあなたに与えることがおできになります。』」(25:9)

アマツヤ王は戦いのために北イスラエルから十万人の勇士を百タラントで雇いました。しかし、神の人は彼らを一緒に戦いに連れて行ってはいけないと言います。それが銀百タラントを無駄にすることを意味したので、

「あの兵士に払った金が惜しい」(LB)

と泣き言を言います。神の人は言います。

「神様はそれ以上のものをあなたに与えることがおできになります。」

神は私たちに、より多くのものを与えるために私たちに手放すことを求められることがあります。私たちがもったいないとしがみつくならば、受けることができないものがあります。神様の助けは、比べられません。

今日は主の日。共に主に礼拝を捧げましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>