ヨブ記 16章

「今でも天には、私の証人がおられます。私を保証してくださる方は高い所におられます。」(19節)

ヨブは、家族からも、友人からも理解されず、彼の唯一の希望は天にて自分をとりなしてくださる存在でした。

「その方が、人のために神にとりなしをしてくださいますように。人の子がその友のために。」(21節)

ヨブは、明確にその方を知らなかったので、彼の苦しみは大きかったのです。しかし、私たちは今、その方を知っています。聖書は言います。

「したがって、ご自分によって神に近づく人々を、完全に救うことがおできになります。キリストはいつも生きていて、彼らのために、とりなしをしておられるからです。」(ヘブル7:25)

私たちは、問題の中で、このお方に目を向けることができます。私たちはその方を知っています。十字架の上で、私たちと同じように神様に見捨てられたように感じる時を体験された神の御子が、私たちの思いを理解し、今日もとりなしてくださっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>