1ペテロ 1:1-2:3

「あなたがたはすでに、主がいつくしみ深い方であることを味わっているのです。」(2:3)

二〇一八年もあともう少しで過ぎ去ろうとしています。今年の栄シャロームの年間聖句がちょうどこの箇所でした。主がいつくしみ深い方であることを味わっているならば、主のみことばを慕い求め、成長していく。N・T・ライトという学者がこう言っています。

「クリスチャン生活の中心の一つは、主が恵み深いことを味わうことである。」

「いつくしみ深い」と訳された単語は、「良い、親切な、やさしい、なさけ深い、慈愛深い、思いやりある、恵み深い、」という意味です。つまり、キリスト教の神、聖書の神は、良い、親切な、やさしい、なさけ深い、慈愛深い、思いやりある、恵み深い神であるということです。キリスト者として大事なことの一つは、日々の生活の中で、神を、良い、親切な、やさしい、なさけ深い、慈愛深い、思いやりある、恵み深いお方として、体験することです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>