ヘブル 6:13-7:10

「この望みは、私たちのたましいのために、安全で確かな錨の役を果たし、またこの望みは幕の内側にはいるのです。」(6:19)

「幕の内側」は、神殿の至聖所を指しています。至聖所は神の臨在、天の領域を意味します。つまり、私たちの望みの錨はこの地上ではなく、天の領域におろされていると言うことです。この激動の時代に、私たちはどこに自分の錨をおろしているでしょうか?イエス・キリストが十字架にかかられた時、この幕は上(天)から下(地)に裂けました。それは、イエス・キリストの十字架の御業のゆえに、今、誰でも幕の内側に入り、錨をおろすことができるということです。だから聖書は言います。

「ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。」(4:16)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>