2テモテ 3:1-17

「聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。」(3:16)

「神の霊感」は直訳しますと「神の息吹による」となりますが、聖書の本当の著者は聖霊なる神であるという意味です。人間の著者がいますが、彼らは聖霊に導かれて書いたので、神のことばそのものなのです。聖霊が語るままタイプライターのように機械的に書いたということではありません。聖霊はそれぞれの著者の個性、表現方法を用いられました。しかし、「すべて」とあるように聖書のみことばはすべて、創世記から黙示録まで神のことばです。ですから、「私たちの生活をまっすぐにし、正しいことを行う力を与えてくれます。」(LB)聖書は、他のすべての人間が書いた本とは違います。神のことばそのものです。ですから力があります。権威があります。聖書は誤りなき神のことばです。私たちの信仰と生活の唯一の規範です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>