エステル 2章

「このことがモルデカイに知れたので、彼はこれを王妃エステルに知らせた。エステルはこれをモルデカイの名で王に告げた。このことが追及されて、その事実が明らかになったので、彼らふたりは木にかけられた。このことは王の前で年代記の書に記録された。」(22、23節)

モルデカイは、アハシュエロス王の暗殺計画を知り、王妃エステルに告げました。エステルは、モルデカイの名でそのことを告げ、そのことが記録されました。二つのポイントがあります。一つは、私たちの善行は記録されるということです。神を恐れ、施しをし、神に祈るコルネリオの前に天使は現れ、こう言いました。「あなたの祈りと施しは神の前に立ち上って、覚えられています。」(使徒10:4)誰も見ていなくても、見返りがなくても、神は覚えておられます。二つ目のポイントは、神の摂理は私たちの想像を超えているということです。この付けたしのように見える出来事が驚く結末をもたらします。小さなことにも忠実であれますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>