1コリント 12:1-26

「さて、兄弟たち。御霊の賜物についてですが、私はあなたがたに、ぜひ次のことを知っていていただきたいのです。」(12:1)

使徒パウロが

「ぜひ次のことを知っていていただきたいのです。」

と言う箇所は、今も混乱しています。イエス・キリストの再臨(Ⅰテサロニケ4:13)、イスラエル(ローマ11:25)に関する箇所も同じ表現が用いられています。「御霊の賜物」とは、聖霊が与える賜物のことです。

「知恵のことば、知識のことば、信仰、いやしの賜物、奇蹟を行なう力、預言、霊を見分ける力、異言、異言を解き明かす力」

とあるように超自然的な賜物のことです。

「あなたがたは、よりすぐれた賜物を熱心に求めなさい」(31節)

とあるように、私たちは熱心に御霊の賜物が与えられるよう求める必要があります。ただ、

「同じ一つの御霊がこれらすべてのことをなさるのであり、御霊は、みこころのままに、一人ひとりそれぞれに賜物を分け与えてくださるのです。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>