使徒 25:1-22

「ただ、彼と言い争っている点は、彼ら自身の宗教に関することであり、また、死んでしまったイエスという者のことで、そのイエスが生きているとパウロは主張しているのでした。」(25:19)

ローマの総督フェストゥスの発言に、当時のユダヤ人以外の人たちがどのように復活を理解していたかを垣間見ることができます。彼は死んでしまったイエスが天国に行ったとパウロが主張しているとは言いませんでした。

「そのイエスが生きているとパウロは主張している」

と言いました。フェストゥスがパウロの弁明をどれだけ理解できていたかは分かりませんが、少なくとも、「死人の復活」が争点となっていることは疑う余地がなかったのです。イエス・キリストの復活を迷信、神話と主張する人がいます。「死人の復活」が信じられなかったのは昔の人も同じです。その信じられないことが起こったからこそ争点となったのです。聖書の主張は変わりません。イエスは死から復活し、生きています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>