ルカ 18:1-30

「いつでも祈るべきであり、失望してはならないことを教えるために、イエスは彼らにたとえを話された。」(18:1)

イエス様が弟子たちに教えたことの一つは、いつでも祈るべきであり、失望してはならないことでした。あきらめずに祈り続けることを教えたのはイエス様でした。ヘブル書にもこう記されています。

「キリストは、肉体をもって生きている間、自分を死から救いだすことができる方に向かって、大きな叫び声と涙をもって祈りと願いをささげ、その敬虔のゆえに聞き入れられました。」(5:7新改訳2017)

もっとも、聞きいれられた究極的な祈りとは、

「わたしの願いではなく、みこころがなりますように。」(ルカ22:42)

という祈りのことかと思います。あきらめずに祈り続ける中で、私たちの祈りの方が変えられることがあります。失望せずに祈り続けることによって、聖霊なる神様が私たちの心に働いてくださいます。ですから、祈り続ける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>