Ⅰコリント 15章

「ところが、神の恵みによって、私は今の私になりました。そして、私に対する
この神の恵みは、むだにはならず、私はほかのすべての使徒たちよりも多く働き
ました。しかし、それは私ではなく、私にある神の恵みです。」(10節)

使徒パウロは、「今あるは神の恵み」と告白しました。恵みとは、受けるにふさ
わしくない者が受けることです。パウロは、自分が今存在し、自分が今携わって
いることを考えた時、過去の自分を振り返って、自分にはふさわしくないことに
畏れを感じたのです。しかしパウロはそれで終らずに、そのことをよく理解して
いたからこそ、神の恵みに感謝して、人一倍努力して神に仕えてきたと言いま
す。ところが、それでも考えてみると、自分が努力できたことでさえも、神の恵
みであったことを悟ったと言うのです。自分の功績を証するのでなく、パウロの
ように神の恵みに日々感謝して歩むことができますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>