ルカ 13:1-30

「そこで、イエスはこう言われた。「神の国は、何に似ているでしょう。何に比べたらよいでしょう。それは、からし種のようなものです。それを取って庭に蒔いたところ、生長して木になり、空の鳥が枝に巣を作りました。」」(13:18,19)

からし種が、空の鳥が枝に巣を作るような木になると言うのは誇張表現です。しかし、神の国はそのように超自然的な生長をするというポイントがあります。

「教会は必ず成長する」

という信仰はこのみことばにあります。もっとも、ここに出てくる空の鳥は一般的に否定的な事柄として解釈されます。教会が成長すると同時に、様々な問題の巣ができることもイエス様は忠告していたと言われています。世界的に見ても、日本の教会だけがなぜか成長していないように見えますが、神の御言葉は真実です。必ずイエス・キリストの教会は成長します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>