ルカ 12:1-34

「五羽の雀は二アサリオンで売っているでしょう。そんな雀の一羽でも、神の御前には忘れられてはいません。」(12:6)

アサリオンは当時の労働者の一日分の労賃の十六分の一でした。マタイでは、

「二羽の雀は一アサリオンで売っているでしょう。」(10:29)

とありますので、四羽買うと一羽おまけしてくれるということかもしれません。いずれにせよ、一羽では値がつかないことは確かです。一羽では価値がないとされてしまう雀の一羽でさえも、神が忘れることはないと言います。神の目には私たち一人一人は大切な存在、神が

「わたしの目には、あなたは高価って尊い」(イザヤ43:4)

と言われる存在です。

「だから、恐れることはありません。あなたがたは、たくさんの雀よりはるかに価値があるのですから。」(7節LB)

今日は主の日。共に礼拝を捧げましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>