マルコ15:33-47

「アリマタヤのヨセフは、思い切ってピラトのところに行き、イエスのからだの下げ渡しを願った。ヨセフは有力な議員であり、みずからも神の国を待ち望んでいた人であった。」(15:43)

「思い切って」と訳された言葉を新改訳二〇一七では「勇気を出して」と訳しています。アリマタヤのヨセフは「有力な議員」、エルサレムに住んでいた人なら誰でも知っていた人でした。彼がこの時とった行動は、危険を伴うものでした。反逆罪で十字架につけられた人物に同情を示すということは、彼の仲間というレッテルを貼られることになります。実際、弟子のペテロでさえ、その恐怖のために、「イエス様のことを知らない」と否定してしまったほどです。何が彼をそうさせたのでしょうか。彼は「みずからも神の国を待ち望んでいた人であった。」神の国を待ち望む思いが、勇気を出しての行動につながったと言います。

今日は主の日。神の国を待ち望み、共にまことの神に礼拝を捧げましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>