マルコ1:1-28

「ヨハネが捕えられて後、イエスはガリラヤに行き、神の福音を宣べて言われた。「時が満ち、神の国は近くなった。悔い改めて福音を信じなさい。」」(14,15節)

イエス様が宣べて言われた福音とは、神の国、神の支配の時が来たから、神様に立ち返ってこの知らせを信じなさいということです。今こそ神を信頼し、神のメッセージに生きなさいと言われました。これは世界観の転換への呼びかけです。自分中心の世界観から、神中心の世界観へ転換しなさいと言われているからです。イエス様はまさに神の支配とはどういうことかを教えられました。数々の奇跡によって現わされました。神の国はすでに現わされました。そして、イエス・キリストが再び来られる時に、完全に現わされます。その日まで、私たちはすでに神の国の民として、まだ刷新されていないこの世界で生きることが求められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>