マタイ27:11-44

「また、イエスの頭の上には、「これはユダヤ人の王イエスである。」と書いた罪状書きを掲げた。」(37節)

イエス様の罪状書きは

「ユダヤ人の王」

でした。まさにそれはイスラエルの民を代表して死なれたということです。神はイスラエルの民を諸国の民の光とするために選び、いのちとのろいの契約をしました。

「もし、あなたが、あなたの神、主の御声に聞き従わず、私が、きょう、命じる主のすべての命令とおきてとを守り行なわないなら、次のすべてののろいがあなたに臨み、あなたはのろわれる。」(申28:15)

イスラエルの民は主の御声に聞き従わず、のろわれた者となり、諸国の民の光どころか捕囚の民となってしまいました。しかし、神のご計画はとん挫しません。イエス様が十字架でイスラエルの民を代表して、罪の呪いを受けてくださいました。ですから今、誰でも、イエス様を信じる者は罪に定められることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>