マタイ 6章

「だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労苦はその日その日に、十分あります。」(34節)

イエス様は私たちに、

「毎週の糧、…毎月の糧、…生きている間十分な糧を、今日もお与えください」

と祈るようには教えられませんでした。

「私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。」(6:11)

と祈るように教えられました。なぜなら、神はあなたが日々、神に頼って欲しいからです。もし、神があなたの必要を一度にまとめて満たしてしまうならば、あなたは神を信頼しなくなってしまうでしょう。神に祈ることすらしなくなるでしょう。だからイエス様は、今日必要なものだけを求めるように言いました。そして、明日のことを心配しないように言いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>