黙示録 3章

「見よ。わたしは、戸の外に立ってたたく。だれでも、わたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしは、彼のところにはいって、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。」(20節)

キリストが戸の外に立ってノックしているとはどんな感じでしょうか。すぐ前の節にこうあります。

「わたしは、愛する者をしかったり、懲らしめたりする。だから、熱心になって、悔い改めなさい。」(19節)

文脈から考えると、試練は私たちに対するイエス様のノックと考えられます。イエス様は私たちの心の中に入って、一緒に食事をしたいと願っています。それは、人格的、個人的な関係をもちたいと願っているという意味です。しかし、イエス様は土足で私たちの心の中に入ってこられる方ではありません。ですから、ノックしているというのです。そのノックが試練であるならば、試練の時は特に、早く心のドアをキリストに開ける方がいいと思いませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>