黙示録 1章

「私は、主の日に御霊に感じ、私のうしろにラッパの音のような大きな声を聞いた。」(10節)

「主の日」とは、イエス・キリストが復活された日曜日のことです。教会ではこの日を特別な日、礼拝の日として定めて、必死で守ってきました。この主の日にヨハネは御霊に感じ、イエス・キリストの声を聞きました。もちろん、毎日、主の声を聞くことができます。しかし、「主の日」にヨハネが主の声を聞いたことにも意味があります。イエス・キリストは、教会を象徴する金の燭台(12節)の真中から語られたとあります。まさに、地域教会のただ中に、イエス・キリストはおられ、語られます。地域教会は世界の希望だと言われる理由がここにあります。それは、教会の真中にイエス・キリストがおられ、今も、聖書のみことばを通して語られているからです。今日は主の日。共に主に礼拝を捧げ、主の御声に耳を傾けましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>