ゼカリヤ書 1章

「あなたは、彼らに言え。万軍の主はこう仰せられる。わたしに帰れ。 ― 万軍の主の御告げ。 ― そうすれば、わたしもあなたがたに帰る、と万軍の主は仰せられる。」(3節)

ゼカリヤは、ハガイと一緒にバビロン捕囚から戻ってきたイスラエルの人々に励ましのメッセージを送った預言者の一人です。「ゼカリヤ」という名前は、

「神は覚えておられる」

という意味です。神は私たちを決して忘れないということです。私たちを見捨てない神のメッセージは、

「わたしに帰れ。そうすれば、わたしもあなたに帰る」

です。神に背を向けてしまった人々に対する神の心はいつも、ご自分のもとに帰ってきて欲しいということです。放蕩息子の帰りを待っていたお父さんのように、帰ってきて欲しいのです。そうすれば、神との個人的な、人格的な関係に戻ることができます。神様は両手を広げて一人一人の帰りを待っています。

今日は主の日。共に主に礼拝を捧げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>