ダニエル 12章

「あなたは終わりまで歩み、休みに入れ。あなたは時の終わりに、あなたの割り当ての地に立つ。」(13節)

ダニエルは、

「あなたは自分の人生を全うし、休息に入るがよい。あなたは生き返り、終わりの時に受けるべき分を完全に受けるようになる。」(LB)

と言われました。私たち一人一人には、全うすべき自分の人生があるというのです。新約聖書の中で使徒パウロはこのように言います。

「私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。」(Ⅱテモテ4:7)

新約聖書からこのダニエルの箇所を理解するならば、私たちが自分の人生を全うし、休みに入るためには、私たちはこの人生の旅路にある様々な戦いの中で信仰のために戦い、信仰を守り通す必要があるということです。権力によらず、能力によらず、神の霊によって、与えられた道のりを走りぬくことができますように。今日は主の日です。共に主に礼拝を捧げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>